Macbook Pro Retina (Early 2013)にBootcampでWindows 7を入れて、VirtualBoxでも使う


BootCampでWindows 7をインストールする

ぐぐると色々と出てくるが、例えばこちらがわかりやすい

http://apple-relationship.com/boot-camp/boot-campmac%E3%81%ABwindows7%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

appleからの手順はこちら

Windowsをインストールすると、デフォルトでbootするのがWindowsになる。起動時にboot diskを選択するには、alt/optionを押しながら起動する。

デフォルトのboot diskを選択したい場合は、System Preferences -> Startup Diskから選択する。

参照: http://support.apple.com/kb/ht1310

BootCampのWindows 7を、VirtualBoxで動かせるようにする

こちらを参考にして設定

  • その1 http://d.hatena.ne.jp/yasuhallabo/20131020/1382279384
  • その2 http://d.hatena.ne.jp/yasuhallabo/20131021/1382368172
  • その3 http://d.hatena.ne.jp/yasuhallabo/20131112/1384253380

※ ActionScriptではなく、AppleScriptね

AppleScriptは、BootcampでWindows 7で起動した後にOSXでVirtualBoxを使うときに実行する。そうでなければ、VirtualBoxから直接起動して問題ない。

VirtualBoxの方でWindowsを起動すると、インストールしたソフト一式がそのまま使えることを確認した。しかし再度Windowsのactivationが必要になった。Officeも同様。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL