Google Cloud Platformでインスタンスのマシンタイプを変更


Compute Engineの場合は、一旦インスタンスを止める必要がある。SQLの場合は止める必要はない模様。

  1. インスタンスを一旦停止
  2. 停止後、編集
  3. 稼働中は変更できなかった「マシンタイプ」が変更できるようになっているので、変更して保存
  4. インスタンスを起動

再起動しても、外部IPは変更されないので、DBへのアクセス制限等をしていたとしても、設定はそのままで大丈夫。

 

再起動したときに、apacheが起動していなかった場合。。

Google Cloud ConsoleからSSHで入る

 

rootになるには、rootのパスワードが不要。以下でrootになれる

起動

今後は再起動時に自動で起動するように

 

 

参照: https://cloud.google.com/compute/docs/instances/changing-machine-type-of-stopped-instance

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL