WordPressを新規開設したときにすること


WordPressを新規開設したときに、必ずすること、したほうがいいことをまとめる。

  • wp-config.phpにセキュリティキーを入れる(2.7以降)
    define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
    define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
    define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
    define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
    define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
    define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
    define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
    define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');
    

    の部分を、secret-keyジェネレータからコピーしたものと差し換える。

  • wp-config.phpのテーブルプレフィックスを”wp_”以外のものに変更する
  • SSLが使用可能なら積極的に使う
    使い方は、wp-config.phpで

    define(’FORCE_SSL_ADMIN’, true);
    
  • wp-config.phpを移動する(WordPress 2.6以降)
    wp-config.phpをひとつ上の階層に移動させても動作するので、上の階層がブラウザからアクセス出来ない場合に効果的。
  • wp-config.phpファイルを.htaccessで守る
    
    Order deny,allow
    deny from all
    
    
  • wp-adminフォルダをhtaccessとhtpasswordで守る
  • 最新版を維持する

参照:

納品の際に設定したいこと

  • レビジョンを無効にする
    wp-config.phpに

    define('WP_POST_REVISIONS', false );
    
  • coreやプラグインのアップデートを不可にする
    wp-config.phpに

    define('DISALLOW_FILE_MODS',true);
    

参照:

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL