browsershot archiveプラグイン


スクリーンショットをキャプチャし、画像としてサーバーに保存するプラグイン。

Browser ShotsmShotsのようなプラグインは、スクリーンショットを撮ってくれるが、画像データとして保存はしていない。これらのプラグインはWordPressのmshotsを使っているが、画像そのものを保存してくれず、随時更新されている。

その画像をサーバーに保存できるようにしたのが本プラグインだ。

費用:5250円(税込) こちらからお問い合わせください
設置サポート:5250円 (税込) メールにて対応、最長1週間
ライセンス:GPLv2

使い方

  1. WordPressに、プラグインを入れて有効化する。新しく、投稿タイプで「Screenshot」が表示される
  2. スクリーンショットのキャプチャ画像を表示したい箇所に、shortcodeで
    [browser-shot-archive width="600" url="http://www.yahoo.co.jp/#20121227" tag="2012-12-27"]

    のように入力する。ショートコードの記述方法はBrowser Shotsプラグインと同じだが、tagを付けることも可能。

  3. キャプチャ前は、以下の画像が表示される
  4. 一度正常にキャプチャ画像が表示されると、その画像データはメディアライブラリに保存され、Screenshot一覧に表示される。
  5. キャプチャ後は、ショートコードによって、メディアにある画像が呼び出される。

表示

サンプル

[browser-shot-archive width="600" url="http://yahoo.co.jp"]
http://yahoo.co.jp

TIPS

同一URLを複数キャプチャしたい場合(日付ごと、など)は、tagを付ける。urlとtagでuniqueになるようにショートコードで指定すれば、それぞれ登録される。

一度取得した画像は、画像データとして保存されるため、消去されることはない。適切なurlとtagを付けることで、スクリーンショットのアーカイブを残せる。

更新情報

v0.2 (2012-12-24)

  • tag機能を追加

v0.1 (2012-12-20)

  • Initial release

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL