失敗しても怖くないWordPressのディレクトリ変更


テストでインストールして、後から本番に引っ越すのに良く使う技。

WordPressのcodexなどを見ると

とあるが、これに書いてある通りにやると、データベースのhome_urlとsite_urlを書き換えてしまうので、もし失敗すると色々と厄介。データベースにアクセスして、**optionsのhomeとsite_urlを書き換えて。。orz

もっと確実で失敗しても怖くないのが、wp-config.phpを編集する方法。wp-config.phpにて、WP_HOMEとWP_SITEURLを定義する。例えば、ファイルはhttp://www.hogehoge.com/wpにあるけど、公開は http://www.hogehoge.com で公開したい場合、

 

これを使うには、テーマを作る際にちゃんとhome_url()とsite_url()の違いを認識して使い分けること。

  • リンクに使うのがhome_url()
  • 画像やcss、jsなど、ディレクトリの変更がないものはsite_url()

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL