RaspberryPi用のSDカードを作る


RaspberryPiの可能性を感じていて、色々といじり始めている。実は半年以上前に買ったんだけど、全然いじれていなかったのだが、その間に色々と整備されてきているようだ。

RSで買ったほうが若干安かった気がするが、届くまで時間はかかった。

最近はNOOBというのがあって、簡単にSDカードを作れるそうだ。でもその分余計なものが多そうなので、minimalで入れる方法を。macにて。SDカードは2GB以上とあるけど、できれば8Gぐらい欲しい。

作り方

イメージをダウンロードする。Downloadsに保存されるものとする。

Downloads

無難なのがwheezy。

ターミナルでDownloadsへ移動

cd Downloads

解凍するには、

$ unzip {downloadしたやつの名前}.zip

SDカードをmacに挿入する前に、まず現在mountされているもの一覧を表示する。

$ df -h

SDカードを挿入し、再度

$ df -h

追加されたやつが、SDカードなので、その名前を記録しておく(例: /dev/disk1s1 )。

SDカードをformatしたければ、Disk Utilsを使ってやっておく

SDカードをunmountする。名前に注意

sudo diskutil unmount /dev/disk1s1

SDカードに入れる

sudo dd bs=1m if=2013-XX-XX-wheezy-raspbian.img of=/dev/rdisk1

しばし待つ。Terminalで終わったっぽければ、

sudo diskutil eject /dev/rdisk1

としてdiskをeject。RaspberryPi用のSDカードが完成。

作ったSDカードをmacから取り外し、RaspberryPiに装着し、起動(microUSBを差し込む)!

これでlinuxが動き出すんだから、初めて起動したときに感激した。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL