RadBeaconとPhysical Web

Pocket

まずはこれをよく読んで、どんなことができるのか、Physical Webの概要を理解する。

 

必要なもの

他のBeaconでも同様に設定できるはず。
 

Physical Webの確認方法

Android: Physical Webアプリを入れるか、ChromeのnotificationをON
iOS: こちらのyoutube動画参照

 

設定方法

USBに電源供給し、RadBeaconアプリを起動する。
screenshot_20161208-123010
Eddystone URLを設定する。他のはOFFにしておく。(Eddystone UIDとEddystone URLは、同時に設定できない)

screenshot_20161208-123019 screenshot_20161208-123023

 
URLは、Physical Webで使うためには、httpsである必要がある。
最初は、httpでやろうとして色々とテストしていたがうまくいかず、こちらを見直して、納得した。。
the_physical_web
 
ただ、httpsならなんでもOKというわけでも無い模様。Physical Webで使えるurlかどうかは、こちらで確認できる(RadBeaconに問合せたところ、回答を頂いた):
 

 
Calibrateし、設定を保存する。初期PINは00000000 (0が8個)。
設定後、ちょっと待つと、Physical Webアプリでこのように表示された。
 
新しめのChromeでも表示される。
右上の「 ︙ 」→ Settings → Privacy → Physical Web をタップ
Onにし、SEE WHAT’S NEARBYをタップ

Screenshot_20161208-124911 Screenshot_20161208-124933

Physical Webアプリ同様に、近くのBeaconが表示され、タップすると、ウェブへ遷移する。
Screenshot_20161208-124949
試して気づいたことだが、Physical Webアプリで表示されるものと、Chromeで表示されるものと、違いがある模様。URLによっては、Physical Webアプリでは表示されたが、Chromeでは表示されなかった。
なお、iOSでも、Chromeを入れて起動した状態にしておくと、Notificationに表示される。
IMG_0646
なお、このPhysical WebからアクセスしたAnalyticsを見てみると、
Traffic_Sources_-_Analytics_and_Eddystoneを試す_Beacon__Physical_Web_
Physical Web経由のアクセスを把握したい場合は、Eddystone URLに工夫をする必要があるだろう。
というわけで、これを近々、展示会で使ってみようと思う。

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL