Google Tag Managerでユーザー追跡


Google Tag Managerを使ってユーザーの追跡方法について。

ユーザー追跡する目的は、GAでトラッキングしているユーザーとサイトで持っている利用者情報とのヒモ付をするため、など。

ベージ下部の参照リンクを参考に、Google Tag Mangerに使うdatalayerを設定するのだが、ポイントは

  • ユーザーを特定できるuserIdを定義する
  • data layerはjsのオブジェクトとしてページ内で記述し、それをGTMで読む
  • data layerを定義するのは、GTMの前

ということで、session_id()を使うことにする。

WP側の設定

session_id()をinitフックで入れて、dataLayerをwp_headフックに、Google Tag Managerの前に入れる。

functions.phpに以下のように記述する。

 

Google Analytics側での設定

こちらのリンクにあるように、User IDをトラッキングできるように、GAを設定する。

 

Google Tag Manager側の設定

こんな感じ

プレビューすると、userIdが取得できていることが確認できる。

Google Analyticsで確認する

  1. Google Analyticsで、User IDのviewをクリック
  2. Audience → User Explorerをクリック
  3. User Idが取得できていることを確認する

 

参考:

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL