WordPressのデバッグ、エラーログ収集など

Pocket

WordPressの機能を活用

wp-config.php の設定

WordPressのwp-config.php にて、WP_DEBUGやWP_DEBUG_LOG をtrueにすると、WordPressのログが収集できる。

要は、エラーログを取らないとき

define( 'WP_DEBUG', false );

エラーログを取るとき(表示しない)

define('WP_DEBUG', true);
define('WP_DEBUG_LOG', true );
define('WP_DEBUG_DISPLAY', false );

 
エラーログを取るとき(表示する)

define('WP_DEBUG', true);
define('WP_DEBUG_LOG', true );
define('WP_DEBUG_DISPLAY', true );

 

エラーログに出力する内容

wp-content/mu-plugins にファイルを作成(mu-pluginsフォルダがなければそれも作成)し、そこに取得したいレベルのerror_reporting を指定する。例えば、Noticeは無視する場合は

<?php
//Turns off notices
error_reporting(E_ALL ^ E_NOTICE);
?>

error_reporting()のレベルについてはこちら:
http://php.net/manual/en/function.error-reporting.php
参照:
How to remove error notices using WordPress’s WP_DEBUG
 

プラグイン

素晴らしいプラグインを3つ紹介。重複する機能もあるけど、用途に応じて使い分けている。

Query Monitor

Query Monitor


Slow Queryを探したり、Queryの無駄を探したり、MySQL関係の調査をするのに便利。
使い方は、例えばこちら: https://liginc.co.jp/web/wp/plug-in/151347

Prime Timeline

Prime Timeline


どこが時間かかっているかを可視化してくれるのにとても便利
使い方はこちら: https://blog.prime-strategy.co.jp/2014/12/prime-timeline/

Logbook

Logbook


PHPのエラーの確認などに便利。
使い方はこちら: https://qiita.com/miya0001/items/0b4b957ddd28eae8a85b 
 
 

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL