WordPressにも使われているezSQLの使い方

Pocket

WordPressでは、いくつか使い回しのできる外部ライブラリが組み込まれていて、そのうちの一つがezSQLだ。このezSQLは、WordPress以外のPHP+MySQLなサービスを作るときにとても重宝する。

その簡単な設定方法をご紹介する。

 

設定

1. 上記からダウンロードし、任意のフォルダに入れておく(ezSQLなど)

2. フォルダの中に、設定ファイルを作成する。*.phpで以下の内容を入れておく(わかりやすいように、WordPressと同じ名前でDEFINEしている)。

<?php
include_once "shared/ez_sql_core.php";
include_once "mysql/ez_sql_mysql.php";
define('DB_NAME', 'db_name');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'db_user');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'db_password');
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');
/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');
$db = new ezSQL_mysql( DB_USER, DB_PASSWORD, DB_NAME, DB_HOST);
?>

3. あとはこのファイルをincludeすれば、WordPressで使われている$wpdbと同様に、$dbとして使える。

もちろん、WordPressで使われているget_post()やWP_Query()は使えないが、簡単にmySQLでクエリを実行できる。

 

使い方

主に使う関数は(こちらより抜粋)

$db->get_results - Get multiple row result set from the database
$db->get_row - Get one row from the database
$db->get_col - Get one column from query based on column offset
$db->get_var - Get one variable, from one row, from the database
$db->query - Send a query to the database (and if any results, cache them)
$db->debug - Print last SQL query and returned results (if any)
$db->vardump - Print the contents and structure of any variable
$db->select - Select a new database to work with
$db->get_col_info - Get information about columns such as column name
$db = new db - Initiate new db object

ほかにも様々な関数が用意されている。こちらが詳しい: http://blog.rakkoc.com/2012/06/ezsql-samples/

色々と楽になること請け合い。使いやすいし、お勧め。

 

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL