WordPress Importerでimport failすることについての考察

Pocket

よくテストサイトでアップ→本番サイトへ反映 という作業をするが、その際にコンテンツを更新するために WordPrss Importer を使う。
しかしうっかり設定ミス等により、importがうまく行かないことがある。
wp_import_fail
失敗するありがちなケース:

  • /uploads/ディレクトリのパーミッション設定。本番サイト側で書き込みできるように
  • テストサイト側のアクセス制限 (.htaccess設定など) これが設定されていると、ダウンロードできない

失敗したときは、同じxmlファイルで再度アップロードすれば良い。
間違えたからといって何回importしても、重複して投稿がimportされることはない。
しかし、メニューは重複してしまうので、import後には確認したい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL